なかしべつ観光協会

2014年9月の記事 >>

北根室ランチウェイ第5ステージ第6ステージ

by さんねんせい♀

最近の中標津町の木々はずいぶんと色づき始め
朝晩の最低気温も1桁の日が続き、すっかり秋になりました。

秋晴れが続く中、この度「北根室ランチウェイ」を歩きました。

今回は一番キツイコースの「西別岳山小屋」からゴールの「美留和駅」までの17.5kmに挑戦!

山小屋を出発して間もなく「がまん坂」を上ります。
名前の通りひたすら我慢して急な勾配を20分ほど登ります。

「がまん坂」を乗り越えたあとは緩やかな坂道を登り出発して2時間半ほどで「西別岳山頂」に到着!


山頂からは摩周湖が遠くに見え、
中標津の防風林も上から見ることができました。

そして・・・
さらに山頂から奥へ進み摩周岳も寄り道してみることにしました。
軽い気持ちで行ったものの、狭い道に急な斜面・・・
やがて草木はなくなり登山道も石や岩が多くなってきた頃
ようやく山頂に到着(++;)

山頂は風が強く疲れた体が吹き飛ばされそうでしたが
なんとか踏ん張って顔をあげてみると、この景色でした!!


上から見る摩周湖、一部エメラルドグリーンに色づく湖はとても神秘的。
いつも見上げている雲が同じ高さで目の前を横切り、
ずいぶん高くまで来たのだと実感。
北海道に来てから色々な景色を見てきましたが
今までで一番かもしれない。と思うほど素晴らしい景色でした。

それから摩周湖沿いを歩きます。
摩周湖の湖畔は人が下りることはできません。
人が決して入ることができないからこそ神秘的な景色を保っている摩周湖ですが、
途中、歩道と湖が20mほどの距離になったときはドキドキしました(@@)

※もちろん笹薮で人が湖畔に出ることはできませんし、禁止されています。

やがて摩周湖第一展望第へ到着!
ソフトクリームをかぶりつき、日が沈む前に最後の力を振り絞り
美留和駅へゴール!!

天気が崩れることなく無事目的を果たせました。

車では決して見れない景色、人、動物との出会いは
自分の足で歩いてあるいてからこそ。

忙しない日常から少し離れて、ランチウェイを歩いてみませんか?

オマケ
なんと!”湿地”に生息しているイメージであったカエルを
登山道中で発見!!「エゾアカガエル」というそうです。
平地や湿地、森林や高山帯に生息しているようですね。
こんな出会いも歩いたからこその特典ですね♪



根釧原野の開拓と鉄道の歴史を訪ねあるくツアー

by さんねんせい♀

9月23日秋分の日、
なかしべつ体験観光ネットワークさん主催のもと
別海町奥行臼駅〜中標津町上武佐駅までの線路地をたどり
歴史を学ぶツアーに参加してきました。



スタートは奥行臼駅
普段は見学ができない切符売り場の中のお部屋も見学させていただき、
古い電話やラジオ、古い時刻表などを発見!
1963年(昭和38年)の時刻表にはもちろん標津線の記載がありました☆

奥行臼駅隣には列車の展示があります。

ミルクゴンドラ車
各農家さんから集められた集乳缶が運ばれた列車。
やがて道路の普及とともにタンクローリー車へと切り替えられました↓



中標津町内へ移動し、当時中標津駅があった場所を通り街中にひっそりと立つ中継信号機を見学。
中標津駅到着前はカーブになっており、列車から駅が死角になるため
ここに信号機を設置して運転手さんにお知らせしていたそうです。
良く通っている道に当時の信号機残っていたなんて驚きでした。

そして丸山公園のSLを山宮学芸員さんの解説を聞きながら見学。


そして上武佐駅へ
途中の武佐神社には転車台がそのまま残っており、
近くにとても貴重な「ヒカリゴケ」を見ることができました。

ハリストス正教会(外観)、旧土田旅館を見学し上武佐駅に到着。

当時駅があった面影はなく原っぱになっていたのが残念でしたが、
実際に使われていた駅の看板をご用意いただき看板と記念撮影をする人もいらっしゃいました。


廃線から25年、わずか25年ですが中標津駅や上武佐駅は跡形もなく
本当に残念です。
今回のツアーで当時を知る人や実際に列車を運転していた方の大変貴重なお話を聞くことができました。
そして、当時を体験した人の生の言葉を未来に繋ぐことが今まさに私たちがしなくてはいけないことだと感じました。

とっも貴重な体験をさせていただきました。
こういったツアーは今後も継続していただいて、
大人も子供も楽しく歴史を学んで、大切に残していって欲しいです!

なかしべつ体験観光ネットワークさん、ありがとうございました!


東北海道の中標津町・別海町から贈るチーズフェスティバル(2)

by さんねんせい♀

1日目は晴れていたものの風が強く準備に少し戸惑いましたが、
2日目は朝からイベント終了まで快晴!!!

さてさて、チーズフェスティバルでは
中標津町畜産食品加工センターさんによる
手作りチーズ実演も行われました。
めったに見ることができないチーズ作りの実演に
大人も子供も夢中で実演を聞いて、見て、触って楽しんでおりました。


皆さん一度は手に取ったことがあるでしょう、「さけるチーズ」
国外ではストリング(和訳:糸、弦など)チーズと呼ばれており・・・
伸び〜るんです(@o@)


チーズフェスティバルとは別に別海産業祭では馬事競技大会が行われており、
この度、観光協会のI会長が来賓としてご招待され
レースに参加致しました。

会長〜!頑張れ〜!!(><)!!



なんと・・・優勝です!
賞品と優勝カップを頂きました♪
どこに飾りましょう♪??



2日間にわたるフェスティバルは大盛況に終わりました♪
天候にも恵まれ、工房さん、メーカーさんのお蔭で
たくさんの方に東北海道のおいしいチーズを
知っていただけたのではないかと思います。

2日間本当にお疲れ様でした、
そしてご参加いただき大変感謝致します☆


東北海道の中標津町・別海町から贈るチーズフェスティバル(1)

by さんねんせい♀

先日の3連休、根室管内はお祭りがたくんありましたね!

根室市さんま祭り、羅臼町産業祭、中標津町まちなか賑わい秋の陣、
そして今回私は別海町農村広場で行われました
別海町産業祭会場内のチーズフェスティバルの
スタッフとして参加いたしました。


今回出店頂きましたのは・・

(1)ラ・レトリなかしべつさん
(2)中標津町畜産食品研修センターさん
(3)株式会社 鶴居村振興公社酪楽館さん
(4)株式会社 白糠酪恵舎さん
(5)株式会社 べつかい乳業興社さん
(6)有限会社 河崎牧場チーズ工房さん
(7)なかやまミルク工房さん
(8)山本商店さん
(9)株式会社 日翔さん
(10)雪印メグミルク株式会社なかしべつ工場さん

の、豪華10店舗!!

朝からたくさんのお客様が来場されました☆
チーズが大好きな人、ワインの試飲とチーズを青空の下で楽しむ人、
たまたま旅行に来られていた人、様々な方がいらっしゃってました!

↓青いテントがチーズフェス会場



それぞれの工房さんご自慢のチーズ直売や
チーズフォンデュの無料提供、
その場で溶かしてフランスパンと一緒に食べるゴーダチーズや
「なまらうまいっしょ!グランプリ」で優勝された
大判しいたけチーズ焼きも大人気!
/

つづく。。。


秋の祭りを食う その2

by ご隠居

21日は、当町「まちなか賑わい秋の陣」と「羅臼 漁火まつり」ですね。

普段あまり見かけない食材があるのも羅臼の面白さ。
ガサ海老とツブとホタテとナントカ貝(聞いたけど忘れてしまいました)
食べておいしかったのは、ハッカクでした。脂がのって最高。



魚のセリ「お安く楽しくおいしく」三拍子そろってます。
不漁で高価なホッケ、メンメ、アオゾイ、タラ、刺身セットetc…
来年はゲットしよう。



まちなか賑わいは、「牛乳で乾杯」のスタート。
雲ひとつ無い天気が一日中続いてました。羅臼は、ジャンバー必要でしたけど。



美唄市からはJAの皆さんが、新米持参で参加。お疲れ様でした。





秋の祭を食う その1

by ご隠居

9月20日、21日は周辺も含めて祭が4つも開催。幸運にも?全て見てきました。
20日は「根室サンマ祭り」と「別海町産業祭」ですね。

10円でおかわり自由の焼きサンマ。
一斉に焼きだすので、その煙たるや煙幕を張ったようになります。
風下にいると、全身に臭いがつきます。



まあ、こんな具合で焼きますね。
何回も返さずに焼くのがコツで、ちゃんと皮も残ります。



不運にも火力が強すぎると、大変なことになります。
シャッターチャンスは逃さずにいただきました。あしからず。



別海の産業祭ではチーズフェアも開催で、併せて山本商店のワインの試飲もありました。残念ながら眺めただけ。





☆中標津の虹☆

by さんねんせい♀

中標津へ住み始めて早3ヶ月。
3度目の虹に出会いました♪

牧草地の向こう側に注目(@0@)↓



地元の人に報告しても「へー」、「ほー」で終わるのですが・・・

「虹!!」ですよ!!!

私が神奈川に住んでいた時は5年に一度・・・
いや、10年に一度虹が見れるか見れないか。
もし出会えたところで、建物と建物の間の隙間に一瞬見れる程度です。
私にとって「虹」は絵本の世界でした。

中標津の8月は雨が多く、最近は晴れていても夕方になると突然雨雲がやってきて通り雨が降ることもしばしば。
でもこれも中標津の独特の気候。だからこそ、この景色を見ることができます!



そして何より、中標津で見る虹は180度、半円の虹を見ることができます。
私が写真を撮っている前方にはレンタカーのカップル(観光客の方でしょうか?)が、同じく写真を撮っていました。

まだまだ中標津には魅力がいっぱい♪
神奈川には「無い」、中標津には「なまら、ある!」魅力を探していきたいです(^^)


>>
トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22