なかしべつ観光協会

2011年11月の記事 >>

北方領土展2011inTokyoに参加。

by K

お堅いタイトルになってしまいましたが、明日(12/1)に東京・銀座で北方領土返還要求運動としてアピール行動(行進)が行われます。

その運動の一環で根室地域のPR事業として根室管内1市4町の特産品を販売することとなり、もちろん中標津町も出展とのこと。

中標津の乳製品やじゃがいも、知床の海産物など、北の大地の至高の味を是非お買い求め下さい★

                記
日時 12月1日〜3日(10:00〜19:00・最終日は18:00まで)
場所 JR新宿駅西口広場「イベントコーナー」


【続報】町イチ!村イチ!2011に出展。

by K

1.jpg
2.jpg
中標津町も参加する標記イベントのチラシが本日届きました。
「直前にもらってもなぁ…(ブツブツ)」と言っても始まらないので、この場をお借りして皆さんにPRさせていただきます。

なお、当町の出展品は以下のとおり。
・なかしべつ牛乳(250ml・1000ml)
・なかしべつ珈琲(同上)※コーヒー牛乳です
・ケフィア・オーレ(150ml・500ml)※乳酸菌の量がハンパない飲むヨーグルト
・のむヨーグルト(500ml)
・チーズ(ゴーダ・ティルジット・キャラウェイ入りティルジット)

先日の「東京中標津会(首都圏で活躍している中標津出身者の皆さん)」の総会でもPRさせていただきました。

全国の中標津ファンの皆さん、東京国際フォーラムに集え!


新観光ポスター(夏バージョン)完成!

by K

1.jpg
弊社会議室。冬バージョンと一緒に掲示すると更にいいなぁ(手前味噌)
2.jpg
3.jpg
季節は随分違いますが、来年の観光シーズンに向けて完成しました。
印刷屋さんには今年の夏、地平線がきれいに見える日に撮りに行くようお願いしていたのです。

今回もコンセプトは「開陽台からの地平線」。
地平線をしっかり見てもらえるよう、文字は最小限にしました。

空港には既に掲示してもらいました。
町のPRによさげな場所がありましたら、申し出いただけるとうれしいです。


シカを食う その3

by ご隠居

ほぼ1頭分の肉をいただくのですが、0.5頭分はあっちに送ったりこっちに持ってったりして、残りを切り分けて調理したり冷凍したりするのですね。

モモ、バラと作業をしていると中途半端な塊の部分ができてしまいます。プロの方だとあまりださない技術をお持ちなのだと思いますが、そこのところはアマチュアの悲しさで結構出てしまうのですね、残念ながら。

かといって、捨てるわけではありません、当然利用します。
いろいろとありますが、まっ、和風に生姜で甘辛く煮付けるのが手っ取り早くて、なかなかいけますね。


十分に血抜きをして、砂糖と醤油、ミリンと生姜と昆布、香辛料少々で
クツクツと煮ます

味がしっかりしみこむと、これがよいおつまみでして、シカ肉はワインだけではありません。日本酒もいけてしまうのでございますよ。うふふ


日本最東端の豊かな水と大地のフォトコンテスト。

by K

1.jpg
2.jpg
当協会も協賛している、6回を数えるフォトコンテスト。
根室管内をステージに、挑戦してみませんか?
もちろん、北方領土も含まれます。

…センスのない僕は、毎年楽しむ側です。


【地元向け】時速40kmの旅。

by K

現在協会内で取り組んでいる「独立化に向けた検討」で、外部から講師を招きました。

講師は野竹鉄蔵氏(ひがし北海道観光事業開発協議会事務局長)。プチ講演会のような形式になったのですが、ボク個人としては「なんかもったいなかったなぁ(=おもしろかったのでもっといろんな人に聞いてもらえばよかったなあ)」という感想。
そのうち、会員の皆様にも見ていただけるようなレポートでもつくってみようかと思ってます。

その中で提案されたのが、カメラを片手に行く“時速40kmの旅”。
「地域には素晴らしい景観・自然など観光素材がたくさんあるのにスピードを出して移動しているとよそ見も出来ないし見つけても止まって撮影する気になれない。40kmで走ると地域の違った一面が見えてくる。」
「ヒトの交流だけでなくモノ・情報の交流も“観光”。皆がカメラで撮りまくってネットで配信すれば地域がPRでき、来訪のきっかけになる」

なるほど!と思い早速試してみようと思ったのですが…う〜ん、まったく修行が足りません。
「あわてないあわてない、一休み一休み。」一休さんの声が聞こえてくるようです。


PS 昨日事務局次長が野竹氏を送迎した時のこと。
事:それでは「時速40km」で出発します。
野:いえ、結構です。

…一休さんもケースバイケースですな。


阿寒横断道路。

by K

業務のため、阿寒湖温泉街までひとっ走りしてきました。

阿寒横断道路の状況が心配で「北の道ナビ⇒峠情報
」などネットで調べてみたんですが、特段記載なし。
個人的には横断道路も立派な“峠”だと思ってたんですが、定義とかあるのかな。

ちなみに、道路は雪もなく問題なし。快適に走行できました。

なお、気温は中標津3℃に対して、弟子屈町2℃・阿寒横断道路頂上−3℃・阿寒湖温泉街0℃。

武佐岳もまだ白く染まらない、中標津の冬景色はまだまだ先のようです。


>>
トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22