なかしべつ観光協会

2011年4月の記事 >>

GW初日。

by K

皆さん、楽しいGWをお過ごしでしょうか?
中標津は、風が強いですが何とか晴天で皆さんをお迎え出来ました。


今日から開陽台展望館もオープン。



まさに、見渡す限り地平線!
北方領土・国後島のチャチャ岳(爺爺岳)もクッキリ見えます。




帰りに「道立ゆめの森公園」にも寄ってみました。



相変わらずの大人気!


GWは東北海道観光の玄関口・中標津町へお越し下さい。


タラの芽

by K



僕でも唯一わかる山菜。
料理できないので、僕は採らないで見るだけです。

中標津町は山菜天国!
でも、土地に入るときは許可をとりましょう。


モアン山

by K

牛文字は今年も健在でした。






ミルクジャム(JAなかしべつ)

by K

JA中標津・食品加工交流部会さんがつくった、ミルクジャム。


(左)プレーン味300円 (右)コーヒー味350円

「なかしべつ牛乳」・「なかしべつ珈琲(コーヒー牛乳)」・「なかしべつフレッシュクリーム」を使っているので、もちろん美味い。

「500本限定・商品の引渡しはJA中標津事務所のみ」とのことなので、町内・周辺地域の皆さんがメインのご案内となってしまうことをご了承下さい。
また、益金を東日本大震災への義援金とするようです。

お問い合わせ:JA中標津経営企画課(TEL0153-72-3721)


今日の武佐岳

by K



ずいぶん雪解けも進みました。
今年の武佐岳山開きは、6月12日(日)です。


ふきのとう

by K

暖かくなり、ふきのとうだけにすっかり薹(とう)が立ってしまいました。



クレソン&牛乳トーフ

by ご隠居

クレソンは当地ではもっともポピュラーな山菜のひとつです。
春早くから、というよりは雪のあるうちから食べることができるので、ワタクシ今期2度目の採取となりました
各自に秘密の場所があるのですが、今回は複数認知の場所です
湧き水のあるところに良く育ちますので、まあ、そういうところを知っているとほとんど必ず見つける事ができます


いつもの場所 私有地なので許可が必要です
たくさん取ります 刈り込んだほうが後の伸びが良いとか…

で、きれいに洗ってゆがいてオヒタシにして食べるのですが、単独で食べるよりは牛乳トーフと一緒に食べるのがおいしいのでございます


いわゆるおひたしですね 
灰汁が出ますのでホウレン草よりも長く湯に入れます

牛乳トーフは、子牛を生んだあとのすぐの乳(初乳といいます)で作ります
とても濃いので、一般的な牛乳として出荷しませんが、牛乳トーフ用としては最高です
作り方は、暖めた牛乳に酢やレモン汁を加えて固めます
ただそれだけで出来上がりです


牛乳トーフと合わせていただきます
ショーユをかけて食べるあたりが庶民ぽくてヨロシイかと…

更に、マス缶などがあると一層「春度」が増す(艶っぽいのではなく春っぽいという意味で)のでございますョ
ウマウマ


>>
トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22